あすかの日常

春を待ち、夏に焦がれ、秋を染めて、冬に散るなら。

私の愛したひと

 

俳優に恋をした。

 

「恋」

そう呼べるかもわからない、一方的なこの感情。

インスタライブがあれば時間を空けて見に合ったし、グッズを出すといえば購入した。

あなたのことが少しでも知りたくて、ネットであなたのことを検索した。身長が高い。年上。そして、たぶん、恋人がいる。

 

その人を知ったきっかけは、私の好きな作品の舞台に出演していた。ただそれだけ。

 

他のミュージカルや舞台にも出演すると知ってからは、チケットを取らなかったことを後悔した。でも原作をよく知らない私が行くのは、原作ファンに失礼かな。原作を読み返す時間もないし、とよくわからないことを考えたりもした。

 

 

これは恋なのだろうか。

 

更新されるSNSに、あなたの姿を探す。

動画サイトでは過去の出演作品のプロモーションを見続けた。

可愛くて、愛おしい。歳が上の俳優に、こんなこと言うのもおかしいけれど、可愛いと思った。

 

 

以前、ネット配信者に恋人がいると話題になった。

その配信者にはガチ恋勢と呼ばれる、熱狂的なファンが多くいた。

その時のガチ恋勢の様子に少し引いたのは記憶に新しい。

「会ったことない人を好きになるなんて」

「その人のなにを知っているの?」

投げ銭してくれる相手なんて、お客様でしかないでしょう」

いろいろなことを思った。貢ぐ努力を同じ土俵に立つ努力にしたら良かったのに、とも思った。

 

今、愛しいと思うようになって、分かった。

恋は落ちるもの。理屈ではなく、頭で考えるより先に落ちている。

 

 

私はこの気持ちを大事にしたい。

思ったところでどうなるわけでも、どうにかなるものでもない。不毛な恋とはよく言ったものだ。

恋人にもなれない。結婚もできない相手への恋。

私と、その人は、友人ですらなく、交わることのない平行線を歩んでいる。

 

でもこの気持ちは、私を前へ向かせ、前へ進ませてくれた。恥ずかしくない自分でいよう。少しでも素敵な自分でありたいと、人と関わること、新しいことへの挑戦を後押ししてくれた、この気持ちを大切にしたい。

 

その人が今も、これからも、幸せであればいいと思う。

今後、俳優をいつか辞める時が来るかもしれない。そうしたら、本当にお別れだ。私が相手を見たり、聞いたりすることは2度となくなると思う。

それでも、その人が幸せであればそれでいい。

 

ファンとして、あなたを愛する1人として、あなたの幸せを願ってる。